旋律、追憶、現在、未来
言葉にならない。言葉に出来ない。 具体的にしようとすればするほど、雲散霧消。 だから、彼女は音を紡ぐ。 弦をはじいて、息を吹き込んで。
プロフィール

恵那(K―na)

Author:恵那(K―na)
誕生日:12月8日
星 座:いて座
誕生花:チャ(追憶)
身 長:169センチ
兄呼称:兄(あに)
好きなもの:兄、ギター、ハーモニカ、コーヒー、シャーリー・テンプル(ノンアルコールのカクテル)、パソコン
嫌いなもの:甘いもの、香水の臭い、虫全般。



駅前なんかでパフォーマンスもしつつ、作曲家を夢見る女の子。口調はそっけなく、どこか古めかしい。
愛用の楽器は祖父からほぼ無断で貰い受けたギターと、小遣いをためて買ったブルースハープ。
他にもいくつか楽器はかじっているが、さほど得意とはいえないらしい。
最近、犬を飼い始めたとか。






最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって、気づくのは
大切なもの、大切な人。
その価値に気づくのは失ってからだと人はいう。

大好きだったおもちゃ。
大切な友人。
失ってはじめて、気づくその存在の大きさ。


だけど……。
失わずとも存在の大きいものや人だってある。
私はそれらに伝えるべき言葉を思いつかない。
でも、そうだな……強いて言うなら、この言葉だな。


「あ り が と う」
スポンサーサイト
空の上の逢瀬
七夕……年に一度、彦星と織姫が会うことを許された日。
大抵この季節は梅雨で……実際、今年も星空を望むのは難しいところが多いらしい。

けれど……私はそれでいいと思うんだ。
夜に、飛行機に乗ったことがあるかい?
分厚い雲の向こう側には……晴れ渡った空、満天の星が望めるんだ。
だから……私は思う。彦星と織姫は……逢瀬を邪魔されたくないからこの時期に会うのではないか……なんてね。
私だったら、限られた逢瀬に水を差されたくないから……そう思うだけなのかもしれないが。
バトンというものらしい。
1.回す人5人を最初に書いておく

 回さない。そんな選択肢も、ありかな。
 まだまわせるほど交友関係も広くはないのでね。


2.結婚するならどんな人がいい?

そばに居て、音の泉となってくれる人、かな。


3.結婚生活でパートナーにこれだけは守って欲しいことは?

イヤになったらすぐに別れると言って欲しい。
我慢を強いるのは、私の本意ではないからね。


4.愛って何?

同じ方向を見つめていられること。……本からの受け売りだけど。


5.強いていうならどっちが良い?亭主関白?カカァ天下?

どちらもごめんだ。対等でなければ。


6.好きな異性のタイプは?

…………ノーコメント。


7.パートナーが両親を引き取って面倒を見たいという。
 しかし明らかに自分と合わない。どうする?

徹底的に話し合い、妥協点を探す……かな。



9.パートナーとあなたの母親が言い合いになっています。 どうする?

放っておく。言い合いに第三者が水をさしても禍根が残るだけだ。


10.プロポーズするとしたらなんていう?

「そばに居て欲しい。朝も夜も、永遠に。」
……少し、キザ過ぎたかな。


11.あなたの愛する人に一言は…。

そばに居て欲しい。少しでも、長く永く。


バトンを渡してくれた逢さん、すまなかった。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。